TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→「古音」 HP
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
小さな仕事をこつこつと
    白化粧
          漉す作業
                丸湯呑み

白化粧というのがあります。
素焼きをする前に、生乾きの状態でこの白い粘土をかけます。
そして、素焼きをして、透明の釉薬をかけます。
そうしてできる器が、丸湯呑みのような白い器。

今日の朝日新聞の夕刊にいいお話が載っていました。
コメディアンの萩本欽一さんが、脚本家の君塚良一さんを育てたという話。
25歳で萩本さんのところで弟子入りしたそうです。
3年目のある日、連続ドラマを書いて欲しいと頼まれ、ついにめぐってきたチャンス。君塚さんは徹夜で書き上げました。それなのに、欽ちゃんは、『しゃれだよ。練習。』と軽くあしらったことがありました。
そうして10年。
欽ちゃんはこう言ったそうです。
『人生には大きなチャンスが3度ある。小さな仕事を一生懸命やっていなさい。それを見た人が大きな仕事をくれるのだから。』と・・・
そして教えを守り、30を過ぎてから、君塚良一さんに仕事が来始める。
"冬彦さん”でおなじみの”ずっとあなたが好きだったが大ヒットする。
欽ちゃん曰く、『若いやつはすぐ焦る。それがあいつにはなかった。我慢してたらきっといいことがあると言いたかった』と。

この記事を見て、いい話だなと思うと共に、今の私達には励みになる話だな~って思いました。
小さなことからこつこつと。
ひどい目にあっても平気でいられることが大切。

頑張ろう!亀の歩みで・・・



→「古音」 HP
続きを読む
スポンサーサイト
[2010/05/31 20:45] | おしんの器のこと | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。