TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


→「古音」 HP
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
島根の旅 ~その2~
        出西窯 看板

1日目の出雲から、数分。
出西窯という窯元へ行きました。
丹波、益子、唐津などで修行を積んだ地元出身の5人の青年によって開かれ、1947年の開陶と歴史は浅いけれど、柳宗悦やバーナード・リーチ、河井寛次郎といった面々の指導を受け、モダンな作風で独特の世界を切り開いたとされています。出西とは出雲の西という意味のようです。
民芸の器・・・
とても興味がありました。


まず、作業場の横のギャラリー兼ショップでお買い物♪
どれでも好きな器でお茶をどうぞと言われ、嬉しい特典。

        出西 ギャラリー
                      出西窯 コーヒー

一息ついた所で、工房見学です。
登り窯を見たのは私は初めてです。
感動~!
ここで3日間、寝ずの番をして焼かれた器。
見てみたいものです。


       出西窯 連結

みなさん、とても熱心に作業されていました。


さて、日もくれたので、更に西へ車で1時間・・・。
今夜の宿泊は”温泉津温泉”の『輝雲荘』。
ここが素晴らしい旅館でした~。

             旅館1 ←部屋の入り口。

旅館2 ←これ、部屋の天井です。


             旅館3


夕食の量が多すぎて、私はこの後悪夢に・・・
そう、胃が痛み、眠れなかったのです!
おしんは・・・強靭な胃をしていますので、ご飯もお代わりしたにもかかわらず、朝ごはんも全部平らげておりました。

明日は、世界遺産の石見銀山へ行きます。



→「古音」 HP
[2010/10/26 11:16] | お出かけ先でのこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<島根の旅 ~最終~ | ホーム | 島根の旅 ~その1~>>
コメント
おなおさん♪
こんにちは!
出雲は私の第二のふるさとです♪
8年程出雲でOL生活をしていました。
夏は蒸し暑く、冬は寒い…
生活するのには少々厳しい土地でしたが
それでこそ気付かされる自然の美しさがあって私は大好きでした。
残念ながら温泉津温泉は素通りしただけで
訪れたことがないのですよ(T∀T)
ラフカディオ・ハーンも絶賛していた温泉津温泉。
きっと出雲らしく、古き良き温泉町が残っていたのでしょうね♪
[2010/10/26 13:40] URL | あやや #- [ 編集 ] | page top
こんばんは~。

うひゃひゃ♪
旅日記、楽しみにしてました♪♪

登り窯、あの姿が魅力的ですよね。
中のレイアウトとかどんなふうにするんだろう・・・とか、一度見てみたいなぁ・・・と思います。

旅館・・・素晴らしいですね。
お部屋の天井に目を奪われてしまいました・・・。
ところで、「温泉津温泉」・・・私の読み方であってるのでしょうか??
[2010/10/26 17:45] URL | 藤子 #pmc.GP/2 [ 編集 ] | page top
>あややさん、こんにちは。
第二のふるさと???8年間すんでいたのですね。
それはそれは。
温泉津温泉、良かったですよ~。
小泉八雲は・・・松江に色々あるんですよね?
残念ながら、今回は松江は却下してしまいました(笑)
次回ですね♪
そっか~、あややさん、出雲に住んでたんだ。
あそこね~。
いいところですよね♪
[2010/10/27 14:44] URL | おなお #- [ 編集 ] | page top
> 藤子さん、こんにちは~♪
やっほ~、帰ってきましたよ~。
登り窯、おしんは結構立杭での修業時代にやっていたから知っていたのですが、私は感動しました。
ホント、窯詰めも大変そう。
天井、すごかったです!
手の込んだ作りで、古いけれど綺麗にしてあって、良かったなあ。
温泉津温泉・・・ゆのつ温泉と読みます。
おしんも、行ってから、”おんせんつおんせん”って(笑)
[2010/10/27 14:46] URL | おなお #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://oshinhachi20080810.blog109.fc2.com/tb.php/305-3006e259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。